So-net無料ブログ作成
検索選択

多汗症の治療(ボトックス注射について) [多汗症の対策]

多汗症治療する方法のひとつに、ボトックス注射があります。


切開手術ということに抵抗がある人や、
軽症の多汗症の人などは、ボトックス治療をすれば汗が落ち着きます。


ボトックス注入法は、多汗症の症状はあっても
汗の臭い自体は比較的薄い人や、
季節によって発症の程度が異なる人、
手のひらなどに対して行う多汗症の治療法です。


ただ、ボトックスには、永久的な効果はありません。


また、ワキガの原因になるアポクリン汗腺の働きは
抑えられません。


その場合でも、ボトックスによって発汗の量を
減らすことはできます。
汗が減れば雑菌も繁殖しないようになり、
においもかなり抑えられるでしょう。


ボトックスによる多汗症治療は、
汗の気になる部分に直接ボトックスを皮下注射します。


アレルギーもまず心配する必要はなく、
5~10分くらいで施術してしまえるため、
診察に行ったその日に受けることもできます。


それで入院も通院もいらず、術後の痛みも腫れも
ほとんどないため、生活はすぐにふだんのままに行えます。


もちろん学校や会社にも行ける上、お風呂にも入れます。


数日から1週間たつと変化が現れます。
ボトックスによる治療とレーザー治療を組み合わせることで、
汗の量と共に細菌の繁殖も抑えられます。


汗のにおいがしなくなり、
着るものが黄ばんだりすることもなくなります。


ボトックスは、一時的に汗を抑えたいという人に
向いている治療法ですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。