So-net無料ブログ作成
検索選択
多汗症の対策 ブログトップ

汗かきに適した服とは? [多汗症の対策]

汗かきに適した服とは、どんな服か、考えてみましょう。


意外に、衣類の選択は大切なものなんです。
汗の蒸発が悪いと、体温調節の機能がうまくいかなくなり、
健康上の影響が出てくるため、なんですね。


また、汗でべとべとと、服に張り付くようでは、
気持ちが悪いものです。


汗をかいた時には、

① 吸水性が良い服
② 速乾性が良い服
③ 通気性が良い服

という条件を満たす衣類が良いとされます。



■綿の服
綿は、汗の吸水性は良い素材です。
しかし、速乾性があまりなく、衣類が湿ってしまい、
べたつきやすい傾向があります。


■合成繊維の服
合成繊維は、速乾性はありますが、吸水性が悪いため
繊維が肌にまとわりつくようになってしまいます。


つまり、吸水性、速乾性、通気性の3つの条件を兼ね備えている
素材、というのは、なかなか難しいというのが現実。


下着と、その上に着る服で素材を変える、など工夫をして、
うまく調節することが大事なんですね。


また、肌にぴったりとした服ではなく、少しゆとりがある服の方が、
通気性は良いです。


湿度の高い夏は、肌と衣類の間に隙間を作り、
汗の蒸発を、促すようにすると良いでしょう。






タグ:汗と衣類

多汗症の手術 [多汗症の対策]

多汗症治療方法には、いろいろなものがあります。


手術もそうですし、薬・デオドラント剤で汗を抑える、という
方法もありますね。


手術は、多汗症が治る!というイメージがありますが、
そうでもないんです。


手術後に再発した、なんて例はたくさんありますし、
手術したことで、今まで汗をかいていなかった部位から、
発汗するようになってしまった、なんてこともあります。


また、手術が原因で死亡した例も聞いたことがあるので、
安易に手術に頼ることは、避けた方が良いでしょう。


今は、多汗症を改善するマニュアルも多数出ていますし、
自宅で簡単にできるもの、教材代以外には費用がかからない、
効果がなかったら全額返金保証付きっていうものも
ありますので、


よく検討してみると良いですね。


大手インフォトップで、売り上げ上位を保っている人気教材があります。
いま、一番売れている多汗症改善のマニュアルですね。


それが、久保田式多汗症改善7日間プログラム」です。


私の知り合いでも、2人買いました。
効果も2週間程度で出たそうです。


特典付きで購入できるサイトもありましたので、
興味があったら、一度見てみて下さいね。


久保田式多汗症改善プログラムの、公式ページを見るだけでも
かなりためになるので、チェックしてみると良いですよ☆



特典付での購入は、こちらがお得



多汗症の悩みって、多汗症で悩んでいる人にしか
わからないモンですからねぇ~~。




多汗症の治療(ボトックス注射について) [多汗症の対策]

多汗症治療する方法のひとつに、ボトックス注射があります。


切開手術ということに抵抗がある人や、
軽症の多汗症の人などは、ボトックス治療をすれば汗が落ち着きます。


ボトックス注入法は、多汗症の症状はあっても
汗の臭い自体は比較的薄い人や、
季節によって発症の程度が異なる人、
手のひらなどに対して行う多汗症の治療法です。


ただ、ボトックスには、永久的な効果はありません。


また、ワキガの原因になるアポクリン汗腺の働きは
抑えられません。


その場合でも、ボトックスによって発汗の量を
減らすことはできます。
汗が減れば雑菌も繁殖しないようになり、
においもかなり抑えられるでしょう。


ボトックスによる多汗症治療は、
汗の気になる部分に直接ボトックスを皮下注射します。


アレルギーもまず心配する必要はなく、
5~10分くらいで施術してしまえるため、
診察に行ったその日に受けることもできます。


それで入院も通院もいらず、術後の痛みも腫れも
ほとんどないため、生活はすぐにふだんのままに行えます。


もちろん学校や会社にも行ける上、お風呂にも入れます。


数日から1週間たつと変化が現れます。
ボトックスによる治療とレーザー治療を組み合わせることで、
汗の量と共に細菌の繁殖も抑えられます。


汗のにおいがしなくなり、
着るものが黄ばんだりすることもなくなります。


ボトックスは、一時的に汗を抑えたいという人に
向いている治療法ですね。



多汗症の対策 [多汗症の対策]

脇の多汗症の対策を考えてみましょう。
自分でできることから、はじめてみるのも大事ですね☆


それではまず、不安感や緊張を解きほぐし、リラックスしましょう。
精神性発汗での多汗症は、マインドコントロールがポイントになります。


また、食べ物も多汗症には関わっていまよね。
前回の記事で、タバコに含まれるニコチンや、コーヒーに含まれる
カフェインなどは、発汗させやすくなることを、お話しました。


タバコやコーヒー以外にも、汗をかきやすい食べ物があるんです。


■ 辛いものや熱いものなどの刺激物
■ 動物性脂肪の多い肉類


ですね。
肉類などの動物性タンパク質は、皮脂腺からの皮脂の分泌も促します。


ですから、脇の下の発汗が増えるだけではなく、
ワキガの原因にもなってしまいます。


臭いを抑えるデオドラント効果のある制汗剤を使うことも、
多汗症対策にはある程度の効果があります。


制汗剤は使用しすぎると菌が減少しすぎて逆に増殖し、
脇に肌荒れなどがおこる場合があるので注意が必用です。

汗をかいたままにしておかないことも、多汗症対策には有効です。


かいてしまった汗は、洗い流すことができれば一番いいのですが、
なかなかそうも行かないと思うので、
タオルや汗取りシートで汗をこまめに拭き取りましょう。


通気性の良い素材を選んだり、吸水性の良いシャツを着ると良いですよ。
汗じみが目立たないようにすることで、精神的にも安心できますし、
それが、さらなる汗をかかないようにする、対策になりますから。


一番大事なのは、日常の生活の中で脇の下に汗をかいても、
気にならないようにすることです。


多汗症の原因や症状は人によって少しずつ違うので、
まずは、いろいろ試してみて、自分にあう対策法を見つけてみましょう。




いろいろな対策を試してみたけど、なかなか汗が抑えられない。
そんな時は、プロにお任せしましょう!


多汗症を改善する方法で、おすすめなものを紹介しています。
よかったら、参考にしてみてください。


↓↓↓
多汗症改善のおすすめ法、詳細はこちら




多汗症の対策 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。